海外家族で観たアマゾンプライムビデオ映画「ナ行」

大人向けで子供も楽しい映画を求めて鑑賞したタイトル「ナ行」全作品

小学生の子供3人(2008年、2010年、2012年生)と夫と観た映画の記録、タイトル「ナ行」全作品です。アイウ順。「親子におススメの映画20選」もご覧ください。

1ページにまとめるには多すぎてページが重くなるため、映画タイトルの頭文字でべージを分けています。
ア行カ行サ行タ行ハ行マ・ヤ行ラ行ワ行
アマゾンプライムは映画・本・音楽が利用し放題(一部除外あり)の他、お届け日時等でサービスが受けられます。ひと月無料を試す。無料体験後は月500円。
海外にお住まいの方は、我が家のように無料2か月お試しの世界VPN に申し込めばアマゾンプライムビデオを楽しめます。

ナミヤ雑貨店の奇蹟

  • あらすじ
    養護施設出身の敦也(あつや 山田涼介)は、幼なじみの2人と悪事を働き、廃屋に逃げ込む。そこは、かつて町の人々から悩み相談を受けていた「ナミヤ雑貨店」だった。そこで一夜を過ごすことに決めた3人だったが、深夜、シャッターの郵便受けに32年前に書かれた悩み相談の手紙が投げ込まれる。敦也たちは戸惑いながらも、当時の店主・浪矢雄治(西田敏行)に代わって返事を書くことに。やがて、意外な秘密が明らかになっていく。
  • メモ
    子供に見せられないシーンはありません。児童を助けるために火事の現場に飛び込む青年の話など、感動して見ました。全体としては子供たちは時々退屈してしまったようです。

西の魔女が死んだ

  • あらすじ
    中学校へ行くのが苦痛になったまいは、母に勧められて田舎の祖母の家に身を寄せることに。母とまいが”西の魔女”と呼ぶイギリス人の祖母は、日本人の祖父を無くした後、大自然に囲まれた一軒家で穏やかな生活を送っている。祖母との田舎暮らしは閉ざされたまいの心を少しずつ解きほぐしていった。しかしある日、まいはおばあちゃんと仲たがいしたまま別れることになった。
  • メモ
    日本でありながら、イギリス人の祖母による美しい洋風の田舎暮らしが素敵です。確か、エロ本の一部が写るシーンがあったと思いますが、その程度。家族で見るために作られた映画で子どもたちも楽しめます。

22年目の告白 -私が殺人犯です-

  • あらすじ
    1995年、5件の奇怪な連続殺人事件が日本中を震撼させた。犯人はいずれも、被害者と親しい者に殺人の瞬間を見せつけている。捜査を担当する刑事・牧村(伊藤英明)は犯人を逮捕寸前まで追い詰めるが、犯人の罠にはまって上司を殺され、事件は未解決のまま時効を迎えてしまう。そして、事件から22年後、犯人を名乗る男・曾根崎(藤原竜也)が執筆した殺人手記「私が殺人犯です」が出版される。
  • メモ
    2012年の韓国映画『殺人の告白』をリメイクして作られたというほど、ストーリーは面白く奇想天外です。ただ、レーティングは驚くことにGですが、首を絞めて殺される残虐シーンが多く、苦しみやいたぶりの時間が長くて、小2の娘は怖がっていました。Hなシーンはありません。子どもも残虐シーン以外は楽しめたようです。

猫侍

  • あらすじ
    百人斬りと恐れられた寡黙な幕末の剣士・久太郎(北村一輝)は、いまや浪人となり果て、生活にも困窮していた。そんなある日、猫を斬ってほしいとの仕事が舞い込む。金に釣られて引き受けるが、踏み込んだ屋敷で見た猫はあまりに愛らしかった。
  • メモ
    北村一輝さんが面白くかっこいいのと、猫がかわいい映画です。のんびりしています。子供に見せづらいシーンはありませんでした。

の・ようなもの のようなもの

  • あらすじ
    落語家一門に入門した志ん田(しんでん)は、師匠の志ん米(しんこめ)から、かつて一門に在籍していた志ん魚(しんとと)を探してほしいと頼まれる。一門のスポンサーで、志ん魚をひいきにしている女性会長のご機嫌をとるため、もう一度志ん魚を高座に引っ張り出すためであった。志ん田はあちこち訪ね歩き、ようやく志ん魚を見つけ出すが、問題が次々に起きるのであった。
  • メモ
    2011年に急逝した森田芳光監督のデビュー作「の・ようなもの」(1981)のその後を描くオリジナル作品。師匠役の尾藤イサオさんが脇役でありながら面白く、彼が出る先品が他にもないか探すきっかけとなりました。映画も温かいストーリーで面白かったのですが、小学生の我が子は途中で退屈してしまいました。

子供と一緒に映画を見ることで、親子で一緒に感動や驚き、笑いを共有し会話が増えることでしょう。ブログがお役に立てることを願っております。