成田空港とマクタンセブ国際空港~コロナウィルスの影響

フィリピンに留学や旅行、仕事でいらっしゃる方には気になる、成田空港とマクタンセブ国際空港間の渡航。コロナウィルスで心配でしたが、無事に往復できました。
渡航日程
2020年3月13日セブ→成田
2020年3月16日成田→セブ

私はセブで子供と夫と暮らしていて、毎月東京に数日間出張しているのですが、やはりいつもと違う点がありましたのでレポートします。

  • 私は成田空港で検疫を受けずに済みましたが、もしかすると、2020年3月11日にあった成田空港の新型コロナ検疫所で試薬が漏れ、検査が停止していた事故の影響かもしれません。
  • 2020年3月20日から、「空路でセブ州に到着するいかなる外国人も,原則指定される施設において,自己費用負担で検疫を課せられる」との発表があったため、今後は欠航や検疫が予想され、往復は困難になると思われます。 フィリピンのコロナウィルスによる現地制限公式発表
  • 日本にお住まいの方は、成田→セブを先にご覧いただくほうが読みやすいかもしれません。

セブ→成田

出発3時間前までに空港に来て、と指示が入った!

2020年3月13日にセブから東京に向けて出発。前日、子供に「13日の金曜日だけど、ママ大丈夫?」と言われたことが当たりました。
フィリピンエアライン(フィリピン航空) のサイトからオンラインチェックインをしようとしたら、「マクタンセブ国際空港に3時間前までに来て」と表示されたのです。

Due to additional screening in line with the COVID-19, we advise departing passengers to adjust their arrival time at the airport terminal for check-in:

  • at least 4 hours before scheduled time of departure for international flights from Manila
  • at least 3 hours for all other International flights
日本語訳
新型コロナウィルスによる追加チェックのため、ご出発のお客様はチェックインのための空港到着時間を調整されるようお勧めします。
  • マニラから国際線で出発なら予定時刻より少なくとも4時間前まで。
  • その他の国際線ご利用の方は少なくとも3時間前まで。

フィリピンエアライン(フィリピン航空) は、普段はオンラインチェックインを済ませておけば、国際線でも1時間前に空港に到着すればOKです。フィリピンエアのサイト 
私は朝7時55分発のフライトでしたから早起きしなきゃと思っていたのに、その予定が2時間も早くなりました (๑-﹏-๑)

しかも、オンラインチェックインの途中で、何故か「不具合が生じた」と表示され、チェックインは未完で終わります。嫌な予感がしたので素直に3時間前に、真っ暗なマクタンセブ国際空港に到着しましたよ。
ところが、結局カウンターで通常通りのチェックイン登録で終わり。3時間も搭乗を待つことになりました。

フィリピン大統領の発表を皆が注目

搭乗まで時間が余ったので土産物店を物色していて、フィリピン人の店員と話が弾みました。その中で、彼が「来週月曜からは、日本人も来なくなってしまう」と言うのです (ˉ ˘ ˉ; ) ?

「私は月曜に帰ってくるけど?」と言うと、彼は慌てたように話題を変えました。あまり深く考えず、搭乗口近くのソファーに戻り、スマホを覗いてみると、フィリピンにある日本大使館から下記のメールが入っているではありませんか!

From: 在フィリピン日本国大使館
Date: 2020年3月13日(金) 1:25
Subject: 【緊急】【感染症情報】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について(その11)

ドゥテルテ大統領は,フィリピンにおける新型コロナウイルス対策の措置を発表しました。その中には,国内感染が発生している国(注:日本を含む。)からの入国制限,…略…等が含まれています。

…略…

内感染が起きている(注:日本を含む。)からの渡航者は入制限を課される。ただし、フィリピン人及びその外人配偶者・子,フィリピン政府が発行した永住査証所持者、9(e)外交査証所持者は除く。

え~ Σ(ʘωʘノ)ノ 私がセブに戻る飛行機は飛ぶかしら?

びっくりして、搭乗ゲート前にいるフィリピンエアライン(フィリピン航空)の職員に大使館からのメールの内容を伝え、何か情報がないか聞いてみました。でも、彼らも大統領の発表は知っていて大いに同情はされましたが、彼らの所にはまだ何も指示は入っていないとのこと。

私はフィリピン政府が発行した永住ビザを持っていますか、飛行機が飛ばなければ意味がありません。子供たちや夫との長いお別れになる嫌な予感を抱きながら、東京行きの飛行機に乗りました。

成田では首から上は重装備の成田空港職員

成田で待ち構えていたのは、首から上は仰々しい(ぎょうぎょうしい)装備をした成田空港職員の皆様でした。

でもそれ以上は何の変化もなく、いつも通り、成田空港到着後は自由に外に出られました。職員の皆様、ありがとうございました。

成田→セブへ

コロナ対策の新機械…ではなかった

2020年3月16日(月)は フィリピンエアライン(フィリピン航空) のサイトからオンラインチェックインは上手くいきました。往路ではうまくいかなかったのは単なる偶然だったようです。

成田空港はやはり閑散としています。 「監視中です」などと言いながら通り過ぎて行った無人監視ロボットの後ろ姿を見て、ウィルス全盛時代が来たら、こんな風に無人ロボットが活躍するのではないか、と感じてしまいました。

保安検査場(セキュリティチェック) で持ち込み荷物をベルトコンベアーに載せ、私自身は X線検査ゲートを通り過ぎるいつものフローでした。ところがそこには、見たことのない機械がありびっくりしました。人間等身大のイラストが描いてあり、その前でそれと同じ姿勢をとるように指示されたのです。先月まではありませんでした。「コロナウィルス対策の新機械ですか?」と聞いたところ、そうではなく、テロ対策のための身体検査機だそう。

「健康宣言!」を飛行機で書かされる

飛行機は案の定、空いていました。日本からの語学留学らしき乗客はほとんどいません。気のせいかフィリピン人がいつもより多めで、「もしかするとコロナ騒動で故国に引き上げてきたのかな」などと想像しました。いつもは隣席の知らない人とちょっとした会話を試みる私ですが、隣人がいなかったので情報が入らなかったのは残念でした。

いつも通り、「入国カード」と「税関申告書」以外にもう一枚用紙が配られました。日本語はありませんが、中国語 で書かれた「健康宣言」の文字が目に飛び込んできます。(漢字は分かりやすい!)英語でHealth Declaration Card とあり、自身の健康状態を申請するカードだと分かりました。
「入国カード」と「税関申告書」 の書き方 のブログを参考にしていただければ、 問われている内容は完全に一致していたのでご安心ください。つまり、健康宣言という言葉からイメージするような体調を問う質問は皆無でした (*_*)

マクタンセブ国際空港は健康宣言で渋滞に

マクタンセブ国際空港に到着。入国審査ゾーンはやはりガラガラでした。ところが、 入国審査ゾーンの手前にマスク姿で待ち構えていた空港スタッフに、機内で書いた健康宣言の上部に、「座席番号」と「メールアドレス」を追記するように指示されたので我々は混乱。
客「ペンがない」、
スタッフ「本当に書いたか確認します」
などで一気に渋滞しました。

そんなひと悶着はありましたが、いつも通りの入国審査を抜けると、そこには閑散としたマクタンセブ国際空港の到着ロビー。そこからはスムーズに空港を出ることができました。

ご参考になれば幸いです。