【2020年令和版】飛行機内で書く「(新)入国カード」と「(新・4ページになった)税関申告書」の書き方~フィリピン セブ・マニラ留学

入国カード・税関申告書の書き方

フィリピンに向かう飛行機の中で、フィリピン人ではない乗客には2枚の用紙「入国カード」と 「税関申告書」が渡されます。
(機内乗務員は客の顔を見て国籍を判断しているようです^^)

入国カードは18年に、 税関申告書は19年の途中で改訂されました。 税関申告書は、以前は表裏2ページだったのが全4ページに増え、3つのページの下にはサインをする欄がついています(面倒くさい~)。

また、フィリピンの空港職員がチェックするために書くので、日本語で書いてはダメ。すべて英語で書く必要があります。

毎月、日本とフィリピンセブ島を往復している私(フィリピンセブ留学エージェント「マッチングイングリッシュ」代表)は、この用紙に費やす時間をいかに短くしていくかを楽しんでいます。みなさんも、ぜひ事例をスクショして、時間をかけずにスマートに書いてしまいましょう!

(ちなみに、私はいつも適当に書いていますが、とがめられたことはありません。よほど空欄が多くなければ大丈夫でしょう。一度などは、せっかく書いたのに回収されず悔しい思いをしましたよ^^;)

コツとして、パスポート番号と便名を書くため、①黒のボールペンの他、 ②パスポートの顔写真ページの写メと、③航空券のスクリーンショットをスマホに準備しておきましょうね!

フィリピン入国カード(ARRIVAL CARD)の書き方

ARRIVAL CARD_R

位置番号・問→記載例の順
英語で書く必要があります。

①パスポート・ナンバー→TR1234567
②名字→YAMADA
③名前→HANAKO
④ミドルネーム→(ここは空欄で構いません)
⑤誕生日。月、日、西暦順。→03-25-1985
⑥国籍→JAPAN
⑦性別にチェック(男性:MALE・女性:FEMALE)→レ
⑧日本の所在地→Minami-Ohtsuka, Toshima-ku, Tokyo, Japan
⑨フィリピンの宿泊先住所(住所が分からない場合、宿泊先となる学校やホテル名で大丈夫です)。→A-English School
⑩連絡先電話番号とご自身のメアド(フィリピンの電話番号がない場合はメアドだけで大丈夫です)→
aaa@gmail.com
⑪チケット予約時の番号(分からなければ空欄で構いません)→
⑫職業→OFFICE WORKER(下記参照)
⑬ID番号→(ここは空欄で構いません)
⑭便名→PR433(フィリピンエア―433の場合)
⑮出発空港→NARITA
⑯ACR-Iカードナンバー →(なければ空欄で構いません)
⑰渡航目的→EDUCATION(留学の場合)
⑱サイン→パスポート内のご自身のサインと一致させると良いでしょう。英語筆記体の方は英語筆記体で。
⑲到着日

⑫の職業については下記をご参照ください。
会社員 OFFICE WORKER
会社役員 EXECUTIVE
会社社長  PRESIDENT
公務員 GOVERNMENT OFFICIAL
自営業 PROPRIETOR
団体職員 STAFF MEMBER OF ASSOCIATION
契約社員 TEMPORARY STAFF
アルバイト PART TIME WORKER
主婦 HOUSEWIFE
学生 STUDENT
無職  NONE
退職者 RETIREE

フィリピン税関申告書(CUSTOMS BAGGAGE DECLARATION FORM)の書き方

CUSTOMS BAGGAGE DECLARATION FORM1_R

■1ページ目
①Surname名字→YAMADA
②Gender性別(男性:MALE・女性:FEMALE)→FEMALE
③First Name名前→HANAKO
④Birthdate誕生日。月、日、西暦順。→03/25/1985
⑤Middle Nameミドルネーム→(ここは空欄で構いません)
⑥Citizenship国籍→JAPANESE
⑦フィリピンの住所(学校やホテル名だけで十分です)
→A-English School
⑧Travel Doc.No.パスポート・ナンバー→TR1234567
⑨Place Issuedパスポート発行国→JAPAN
⑩Date Issuedパスポート発行日→04/04/2014
⑪Date of Last Departure from the Philippines
最後にフィリピンを出た日
→(初めてフィリピンに行く場合などは空欄で構いません)
⑫Coutry of Origin出身国→JAPAN
⑬Date of Arrival(フィリピン到着日)→12/31/2020
⑭Flight No.便名→PR433(フィリピンエア―433の場合)
⑮Vessel Name(⑭と同じ質問で意味不明です)
→PR433(フィリピンエア―433の場合)
⑯No.of Accompanying Members of the Family
(同伴家族数。ただ、この質問の後ろのMinor(Below 18 yrs.old)から、同伴未成年者数を聞いているようです)。
→0
⑰Contact No.(電話番号。フィリピンの電話番号が無い方は日本の番号を書いてしまいましょう)
→070-1111-1111
⑱No.of Baggage(荷物の数) 
Checked-in(空港で航空会社に預けたスーツケースなどの数)
→2
Hand-carried(自分と一緒に座席に持ち込む荷物の数)
→1
⑲Type of Traveler(旅行者の種類)
→Non-resident(非居住者)、Non-Filipino(フィリピン人ではない)
⑳Purpose of Travel(旅行目的)
→Study(留学)
㉑サインと日付(Signature Over Printed Nameはブロック体で名前を書いた上部にサインをしなさいという意味です)

■2~3ページ目
中ページは持ち込むペソの額や、持ち込む商品をペソで換算した金額を記載しますが、ほとんどの方は0(ゼロ)で大丈夫でしょう。下部にローマ字で自分の名前を書き、その上部にサインをし、日付を入れるのをお忘れなく。

飛行機内で書く書類(税関申告書2)

飛行機内で書く書類(税関申告書2)

■4ページ目
For Customs Use Only(税関のみ利用)のため、何も書かないでおきましょう。

以上です。お疲れさまでした!